ConohaサーバーへWordPressをインストールするまでの全行程(5)SSH接続を公開鍵認証で行う

パスワードでのSSH接続はセキュリティ上好ましくないので、公開鍵認証を用いて接続するように変更します。

公開鍵認証の設定

鍵ペアの作成

秘密鍵と公開鍵を作成します。

これで/home/hiro/.sshディレクトリに鍵が作成されました。

id_rsa.pubのファイル名をauthorized_keysに変更します。

パーミッションを変更します。

sshd.confの編集

sshd.confを編集します。

sshdを再起動します。

秘密鍵をローカルへ移動する

ここではTeratermのSCP機能を使います。「ファイル」「ssh SCP…」をクリックします。

From:の部分に/home/hiro/.ssh/id_rsaを入力し「Receive」ボタンをクリックします。To:の部分はローカルPCのフォルダです。

転送が完了したらサーバー上のid_rsaファイルは削除しておきましょう。

公開鍵認証での接続

鍵ファイルが正しくダウンロードできたら続いてTeratermで接続してみましょう。

パスフレーズは鍵生成のときに入力したパスワードです。RSA/DSA…….鍵を使うをクリックします。右側の「秘密鍵」ボタンをクリックします。

先程ダウンロードしたid_rsaファイルを選択し開きます。

OKボタンをクリックします。

公開鍵認証での接続が完了しました。

このブログは私の備忘録です。あなたにとっても有効なら幸いです。ご意見がありましたらコメントをどうぞ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする